貸切バスの徹底した
安全への取り組みを紹介します

安全への取り組み

経営責任者の責務と安全に対する基本的な方針

弊社では“安全方針”を定め実行するとともに、“安全運転”に対する意識を日頃から持つよう
PDCAサイクルをベースとした安全管理の仕組みを構築しております。
全従業員が“安全意識”を常に持ち、お客様が安心・安全・快適にご利用いただけるよう努めています。

PDCAサイクル

平成30年度運輸安全マネジメントへの取り組み

お客様の安全を最優先に確保し、信頼されるバス会社を目指してまいります。

①経営者の責務

  • 安全運転確保に関する最終的な責任を有するものとして安全性向上の取り組みを主導し、会社全体に安全意識の浸透を図る。
  • 安全確保、顧客輸送の安全性向上を図るため、予算の確保や体制の構築など、必要な措置を講じる。
  • 経営管理の手法である計画、実施、評価、改善(PDCAサイクル)の実施により、業務実施及び管理状況の適否を確認し、必要な改善を行う。

②安全に対する基本的な方針

  • 利用者の安全確保が最重要であるという意識をもち、その実現のために全従業員が一丸となり常に安全性の向上に取り組む。
  • 公共道路を走行しているという認識を常に持ち、運転に関する知識技能の向上に努めると共に事故の防止を図る。
  • プロドライバーとして、悪質違反(酒気帯び運転、疲労運転、薬物等使用運転、無免許運転、救護義務違反等)を全体に起こさない。
  • 運行管理及び車輌管理体制の充実強化を図り、法令に定められた運行管理や車輌管理が適切に機能するように配慮する。
  • 現場の声が安全性向上に反映できるよう、職場環境も計画的に向上させる。
  • 参加・体験・実践的研修・指導的実施により、運転者の能力向上を図る。

③安全に関する重点施策

  • 運送の安全確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守すること
  • 輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うように努めること
  • 輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること
  • 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達・共有すること
  • 輸送の安全に関する教育及び研修について具体的な計画を策定し、これを的確に実施すること

④安全に関する目標及び達成状況

平成30年度

項目 目標 達成状況
死亡事故 0件 達成
有責人身事故 0件 達成
有責重大事故 0件 達成
有責車内事故 0件 達成
飲酒運転 0件 達成

令和元年度

項目 目標
死亡事故 0件
有責人身事故 0件
有責重大事故 0件
有責車内事故 0件
飲酒運転 0件

⑤安全に関する組織体制及び指揮命令系統

安全組織体制及び指揮命令系統

⑥事故、災害等に関する報告連絡体制

安全組織体制及び指揮命令系統

速報対象事故・事件

  • 特定重大事故
  • 重大事故
  • 特定重大事件
  • 重大事件
  • 消費者重大事故等
    1. 1. 旅客自動車運送事業者の乗客に1名以上の死者又は負傷者を生じた事故
    2. 2. 1に該当する事故を発生させる恐れがある事故(自動車が転覆し、転落し、火災を起こし、又は鉄道車輌(軌道車輌を含む)と衝突し、若しくは接触したものであって、乗客が乗車中のもの)

車輌の安全性向上への取り組み

安心してバスをご利用いただけるよう、車輌整備更新を進めております。

安全性向上への取り組み内容

  • 貸切バス全車輌にドライブレコーダー導入済み

  • 衝突時軽減ブレーキ等の安全性能技術を備えた新型車を順次導入中

  • 2019年7月中型バス新型車導入

貸切バス事業者安全性評価認定制度貸切バス事業者安全性評価認定制度